make sense コーチング

あなたの人生に専属コーチを…

成長の近道

今は個人のパーソナルコーチングをメインにやっています。

個人レベルでの自己実現や目標達成に向けてのコーチングです。

それに加えて、個人事業主や起業を目指す方のコーチングとスポーツチームのコーチン

それらがメインです。


企業の経営者や、ビジネスパーソン、エグゼクティブの方々にもコーチングしていきたいんですが…

僕自身が起業して2年目で、ビジネス経験も浅いのでなかなか自信を持って入り込めない部分もあります。


今、焦って自分から仕掛けても

コーチングって大した事ないな」

と思われたら、今後コーチングが受け入れられない可能性が高いので、タイミングには気をつけていました。


そうは言っても、紹介される事もあります。


「どこどこの社長がコーチング受けてみたいって」

と紹介された以上はやるしかありません。


そして今日も、とある企業の経営陣の方にコーチングをさせて頂きました。


僕が今までコーチングした中でも、トップクラスの知名度がある大手企業です。

年齢も経歴もビジネス経験値も、僕より遥かに上です。

まさに僕が今まで「タイミングを見計らって関わっていこう」と思っていた相手です。


どこまで通用するか分からないけど、とにかくやってみよう…

そんな気持ちで臨みました。


約90分…

構えずに自然体でコーチングしました。


上手くできたかな〜?

なんて思いながら、感想を聞いたところ…


コーチングいいね!

自分の気持ちってなかなか話せないから、すごく心地良い時間になった!

自分を取り戻せた感じがして、今後も継続して受けたいな〜」


という言葉を頂きました。


更には…

社長まで紹介してくれてコーチングする事になり…

会社と契約して、従業員に対するコーチングも導入する事になりました。


全部その場で即決でした。


逆に、コーチングをどうやるのか聞かれたりして

本当にコーチングの価値を理解して頂きました。


たぶん、1年前から半年前までの僕のレベルなら

「こんなもんか」

と言われて終わりだったかもしれません。


僕はコーチングの公的資格も持っていません。

スクールに通った訳でもありません。

でも…

実践でコーチングした数なら自信があります。


去年は後半にかけて人数が増えていったので、約100人に留まっていますが…

年末から今年にかけては、週に15人はコーチングをしています。


コーチングの内容をメモして、復習して、次のコーチングに繋げて…

そんな事をひたすら繰り返していました。


いつの間にか、経営者相手にも通用するコーチングが身に付いていたようです。


実践に勝るものはないなあと実感しました。


学びたければ、やる。

成長したければ、やる。


実践でやる事が、成長への1番の近道です。



------------------

発信元:makesense 代表 平松恭兵

LINE@ID : @make-sense

相談用TEL : 080-5210-9061

MAIL : info@makesense.jp

URL : http://www.makesense.jp


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

起業に必要な問い

起業したいという方の相談が非常に多くなってきました。


「これから起業したい」

「起業したいけどどうしたらいいか分からない」

という方も多いです。


起業するにあたりどういったビジネスを展開するのか…

という点がまず第一の課題であり、多くの人が悩むところです。


実は、ひとつのシンプルな質問で解決できたりします。


その質問は…

「だとすれば?」

という質問です。


例えば僕のコーチングを例に出すと…


「ネットやグローバル化が普及して、生き方や仕事の選択肢が増えると同時に迷う人も増える」

「だとすれば?」

「人生や仕事の意義・目的を明確にしたい人が増える」

「だとすれば?」

「その人の中にある答えや価値観を明確にして、背中を押してくれる存在が求められる。コーチングを始めよう」


というように、まず何をビジネスの軸にするのかが明確に決まって来ます。


今あなたが感じている「未来の予測」や「現在の課題」をもとに「だとすれば?」と問いかけ、掘り下げていく事で「必要とされるビジネス」が明確になるのです。


起業するためのプランは、この質問を含めシンプルな問いに答える事である程度固まります。


これから起業したい…

いつか起業したい…

このブログを読んでくれている方で、野望がある方はぜひご相談ください。

一緒にビジョンを描いていきましょう。



------------------

発信元:makesense 代表 平松恭兵

LINE@ID : @make-sense

相談用TEL : 080-5210-9061

MAIL : info@makesense.jp

URL : http://www.makesense.jp


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

資産をフル活用

起業、転職、就職…

この時期は、仕事環境の選択に悩む方が多いようです。


僕のところに来るのも、ほとんどは「これからの仕事をどうするか」という相談がほとんどです。


そんな中で、

その人が何を価値観としてこれからの仕事を選んでいくのか…

という事を明確にしたいんです。


「答えはあなたの中にある」

という事です。


ただ、ほとんどの方は

「モデルケース」

を参考に選ぼうとします。


自分を何者かに当てはめて、その通りやろうとする訳です。


だから、こういう言葉が出てきます。


「学歴がないから…」

「体育会系で全然勉強してこなかったから…」

「経験した事ないから…」


これからやりたい事があったとしても、

「自分はこういうタイプだから無理だ」

と当てはめて、諦めています。


前例だったり、一般的なイメージだったり…

「〇〇は、△△だ」

というように、既存の方程式をもとに判断するんです。


例えそうだとしても、諦める必要はひとつもないと思います。


よく考えてください。


どんなに、モデルケースに当てはめても…

あなたは1人しかいません。


あなたと全てがまったく同じ人生だった

という人は誰1人存在していません。


双子でも、全く同じ人生だったという事はないんです。


何が言いたいかというと…

「あなたには、あなたにしかない資産を持っている」

という事です。


型にハマる訳がないんです。


いいですか…


勉強できないから

学歴がないから

高卒だから

スポーツしかやってこなかったから…

だからできない。


それは嘘です。


自分の資産を活かしきれてないだけです。


「〇〇だから、できない」

ではなく…

「〇〇だから、できる」

という発想をすればいいんです。


起業する事も…

転職活動も…

就職活動も…

ぜーんぶ同じです。


当たり前と言われる方程式を壊して

自分の持っている過去の資産をフル活用すれば

絶対に掴みとれます。


逆にそれができなければ、おもしろみも何もない人と同じ結果になるでしょう。


マイナス要素は、いくらでもプラス要素に変換できます。


諦める前に、持っているもの全部使ってみたらいいのです。


必ず道は拓かれます。



------------------

発信元:makesense 代表 平松恭兵

LINE@ID : @make-sense

相談用TEL : 080-5210-9061

MAIL : info@makesense.jp

URL : http://www.makesense.jp


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こだわりを捨てる

コーチングを始めて1年…

約150人の方にコーチングをさせて頂きました。


色んな悩みや目標を持った方がいます。


当たり前の事なんですが…

人間は「答えを求めている」という事です。


自分の進むべき道…

過去に起こった事…

今の自分…

周りの人に対して…

それらの事に「自分なりの答え」が欲しいんです。


答えを見つける為に、コーチングを受けて…

その答えに納得する為に、コーチングを受けて…

その答えに進む為に、コーチングを受けて…


答えを見つけて

答えを受け入れて

新しい一歩を踏み出す


これをコーチングに求めています。


この1年、コーチングにこだわってきました。


コーチングにこだわって、

コーチングでしか出来ないやり方にこだわって、

コーチである事にこだわってきました。


でも、それは手段であって目的ではないんです。

そこに気付いた訳です。


どういう事かというと…

コーチングでも、カウンセリングでも、コンサルティングでも…

なんでもよくね?」

という事です。


こだわっているのは、コーチングをやっている側の僕だけであって

お客さんにとっては、それがコーチングだろうが何だろうが関係ないんです。


結局は、

「答えが見つかって、背中を押してくれて、現実が変わっていく」

という結果を求めているから。


勝手に「コーチングである事」にこだわって、

コーチングのやり方に沿わなければいけない」

と、どこかで意地を張っていたのかもしれません。


コーチングはコミュニケーションスキルです。


コミュニケーションの土台となる考え方がコーチングに詰まっています。


だったら、

どんな仕事をしていても

コーチングの技術で相手に接すれば

コーチングの可能性はもっと広がるんじゃないかと考えました。


例えば…

コーチング+営業

コーチング+教育

コーチング+スポーツ指導

コーチング+コンサルティング

コーチング+カウンセリング


今ある職業にコーチングの技術を加えたら

もっと可能性は広がります。


コーチングはこうじゃないといけない…

コーチはこうじゃないといけない…

そういった

コーチングである事のこだわり」

を捨てた方が

逆に、コーチングが活きてきます。


手段はなんでもいいんです。


価値観を認める…

答えを一緒に見つける…

一歩を踏み出す手助けをする…

そして、大きな夢や目標を達成する。


僕はそこを応援したい。

だからこそ、コーチングのやり方だけにこだわる事は捨てていきます。


コーチング的にコンサルティングもします。

コーチング的にカウンセリングもします。

コーチング的に教育もします。

コーチング的にスポーツ指導もします。


コーチングの技術に色んな方向から、人の成功を支えます。


大事なのは、手段ではなく目的です。



------------------

発信元:makesense 代表 平松恭兵

LINE@ID : @make-sense

相談用TEL : 080-5210-9061

MAIL : info@makesense.jp

URL : http://www.makesense.jp


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

調子の波

基本的に、いつも調子は良いようにしていますが…

どうしても調子が出ない時があります。


やる気が出なかったり…

結果が出なかったり…

悪い事が続いたり…


こう見えても、真面目なので

そういう時は何かしなければ落ち着きませんでした。


悪い状況をなんとか好転させようとする事にエネルギーを使っていました。


でも、底なし沼にハマっていくように…

足掻けば足掻くほど、悪い方向に行ってしまう事もよくありました。


だから、最近はもうやめました。


調子が悪い時は、思い切って

「何もしない」

それに限ります。


そりゃそうです。

調子が悪い時は、「調子が悪い」という方にアンテナが向いているのです。


高校生の頃、メンタルトレーナーの方にこんなアドバイスを頂いた事があります。

「スランプが来た時は、思い切ってバットに触らない事。

ネガティブにバットを振るより、ポジティブにバットを振れる気持ちになるまで野球から離れた方がいい。」


だから、何もしない。


何もしなければ何も起きません。


何もしないという事に集中します。


勝手にモチベーションが上がるまで放っておけばいいのです。


良い時は、必死にがんばればいいし

悪い時は、ゆっくり休めばいいのです。


科学的に証明されている事ですが…

人のやる気やモチベーションは、放っておいても勝手に上がるのです。


その為には、下がっている事を受け入れる事が大切です。


長い人生を生きているんです。


そりゃ、調子が出ない日もあります。

上手くいかない日もあります。

悪い事が続く日もあります。


それ以上に、良いこともたくさんあります。


焦らず、無理せず…

リラックスできる余裕を持っていきましょう。


調子が上がった時の為に、エネルギーを蓄えておきましょう。


------------------

発信元:makesense 代表 平松恭兵

LINE@ID : @make-sense

相談用TEL : 080-5210-9061

MAIL : info@makesense.jp

URL : http://www.makesense.jp


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

組織が崩れる時

コーチングさせて頂いている企業があって、

そこの社長の意向としては…

「若い社員達に目標持って仕事してほしい」

という事でした。


社長の意向を踏まえた上で、社員にコーチングするのは実は難しいです。

社長の意向と、コーチングによって引き出した社員の答えが違う場合もあるからです。


社長の意向を踏まえながら、社員にコーチングしていると

迷う事も多いです。


社長と社員の想いには、ギャップがあります。


社員個人の想いは、社長の想いとは違う方向性だという事も多々あります。


社員の想いに沿うようにコーチングで導くべになのか…

社員個人の想いを後押しするようにコーチングすべきなのか…


結局は、

実質のクライアントは社長なのか…

それとも社員なのか…

というところで、コーチングの方向性も変わってくるのです。


でも、その社長はこう言ってくれました。

「平松さんはまだ若い。

若いからこそ、その感性でやってほしい。

俺とは違う感性だからお願いした。」


こう言われた瞬間に方向性は決まりました。


この会社のクライアントは、社長ではなく社員であると。


社員の想いが、会社の方針に沿うものでなくてもいいんです。


僕は徹底して「社員個人の価値観」を引き出すようにコーチングしました。


すると、どんな事が起きたか…


最初は「この会社では、自分の本当にやりたい事はできないと思う」

と言っていた社員達が…

「この会社でどう頑張ったら、自分のやりたい事に繋がるのか」

という考え方になりました。


結果的には

「この会社で達成すべき目標」

という事が個人レベルで明確になっていったのです。


この体験は僕には非常に大きかったです。


これからは、

「会社の為の社員」

では、色んな意味で潰れてしまいます。

そうではなく、

「社員の為の会社」

であるべきだと。


一見甘やかしのように見えても、

結果的には、それが一番会社の利益に繋がるのかもしれません。


組織は全て同じかもしれません。


誰の為の会社なのか

誰が動かしている会社なのか

そこを見失った時に、組織は崩れていくのです。



------------------

発信元:makesense 代表 平松恭兵

LINE@ID : @make-sense

相談用TEL : 080-5210-9061

MAIL : info@makesense.jp

URL : http://www.makesense.jp


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今がどこに繋がるか

向上する為に大切なのは、

「目の前の事に集中する」

という事です。


先の事ばかり考えても、それはまた起こっていない事で

終わった事ばかり考えても、それをどうする事がもできません。


自分の力でどうにかできるのは、今しかないのです。


目の前に起こる課題、問題、やるべき事…

それらをひとつずつ対処する事でしか前には進みません。


でも、

足元ばかりに集中していると

いつの間にか予期せぬ方向に向かっている事もあります。


だから、目標が重要になってきます。


自分がどの方向に進んでいるのか、

辿り着くべき目標に進んでいるのか、

たまには立ち止まって周りを見渡す必要があります。


目の前の事をやるだけでは方向が分からなくなるし…

目標ばかり考えても課題はクリアできないし…

どっちもバランスが大事です。


人間は、今を生きる事しかできません。

その「今」がどこに繋がっていくのか…


たまには遠くを見渡して

自分に与えられた今を集中してみましょう。



------------------

発信元:makesense 代表 平松恭兵

LINE@ID : @make-sense

相談用TEL : 080-5210-9061

MAIL : info@makesense.jp

URL : http://www.makesense.jp


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1の行動

僕の研究では…

世の中の9割9分ぐらいの人は、

頭の中にあるものを行動に移しません。


どんなにいいアイディアがあっても

それを実現させようとする人は限りなくゼロに近いと思います。


その割には、

悟ったように人生を語ったりする訳です。


頭の中にあるものは、あくまで「頭の中にあるだけ」です。


大事なのは、揉まれる事です。


よくある例えですが…

「原石」なんです。


それを磨いて、磨いて、磨いて…

綺麗な輝きを放つ、洗練されたダイヤモンドになります。


原石がいくら

「自分はダイヤモンドだ!」

と言ったところで…

ただの石です。


頭の中にあるアイディアも…

描く目標も…

もっと言えば、自分そのものも…

表に出ていかなければ何にもなりません。


それは、とても恐ろしい事かもしれません。


表に出るということは…

評価されるという事です。


認められる事もあれば、否定される事もあるでしょう。


それでも、表に出なければ何も起きません。


色んな人から色んな事を口出しされます。

ただ理由もなく否定してくる人もいます。

陰で好き勝手言われる事もあります。


でも、認めてくれる人も必ずいます。


批判されて…

否定されて…

認められて…

揉まれて、揉まれて…

考えて、考えて…

行動して…

また揉まれて…


その経験が、

自分を磨くことになるのです。


僕は100のアイディアを持つ人よりも

1の行動をする人の方が信用できます。


強くありましょう。


僕は、1の行動を後押しするコーチです。



------------------

発信元:makesense 代表 平松恭兵

LINE@ID : @make-sense

相談用TEL : 080-5210-9061

MAIL : info@makesense.jp

URL : http://www.makesense.jp


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分が分かる

最近コーチングを受けてくれた人にこんな事を言われました。


「漠然としていた事が明確になりました」


これは本当に嬉しい言葉です。


コーチングに来る時点で、クライアントは色んな意味で漠然としている訳です。


コーチングを受けたい理由も…

コーチングのテーマも…

コーチングを受けてどうなりたいかも…

これからどうなりたいかも…

自分で認識している事は、ぼんやりしている場合が多くあります。

ぼんやりしていたり、ふわっとしていたり、こんがらがっている状態です。


コーチングは謎解きです。


目に見えない、曖昧で漠然とした問題を

くっきり明確に整理していきます。


その過程に、気付きがあります。


コーチングを受けたらスッキリします。


スッキリするから、視界が開けるんです。


アハ体験ってありますよね。

コーチングはアハ体験です。


絡まった糸がどう絡まっているのか、

そこに気付いた時にハッと答えが見つかります。


コーチングを受けに来る時点では何も分からなくていいんです。


コーチングで自分を明確にしてみませんか?



------------------

発信元:makesense 代表 平松恭兵

LINE@ID : @make-sense

TEL : 080-5210-9061

MAIL : info@makesense.jp

URL : http://www.makesense.jp


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

究極の天職

僕がコーチングで起業しようと思った理由は色々ありますが…


そのひとつに、

「究極のビジネスだと思った」という理由があります。


今は時代の流れが早いですよね。


日本を代表するような大企業が倒産したり…

安全と言われていた業界が危機を迎えていたり…


数年前まで想像もしていなかったようなリスクが現実に起こっています。


今、安全と言われる企業や業界も…

どうなるか分かりません。


特に僕たち20代は、時代の転換期にいるようなものです。


不安定なんです…

不安定な時代なんです。


だからコーチングをやろうと思った訳です。


コーチングってどんな人が受けたいと思いますか?

迷っている人です。

迷って、答えがほしい人がコーチングを受けたいと思うんです。


時代が不安定になればなるほど…

答えが曖昧な時代になればなるほど…

コーチングは求められます。


時代の不安定さに反比例して、需要が増えるんです。


そういう意味で、コーチングはこれからのビジネスです。


とはいっても、僕自身がこれからどうなるかも分かりません。


なにか失敗をして、無一文になる可能性もあります。

人や仲間が離れてたった1人になるかもしれません。


例え、身ぐるみを剥がされて

たった1人になったとしても…

コーチングは出来ます。


ツールも必要ないし、

場所もどこでもいいし、

僕と悩める相手がいれば、そこから何回でも再出発できます。


コーチングをビジネスにするのは本当に難しい事です。


でも、この先がどんな事が起ころうとも

一生を懸けて極められる仕事です。


コーチングは僕にとって「究極のビジネス」であり

「天職」です。


これは僕の価値観です。


あなたの天職はなんですか?



------------------

発信元:makesense 代表 平松恭兵

LINE@ID : @make-sense

TEL : 080-5210-9061

MAIL : info@makesense.jp

URL : http://www.makesense.jp


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー