make sense コーチング

あなたの人生に専属コーチを…

コーチの必要性

 
僕は大分県を拠点にコーチング活動をしているのですが、そもそもコーチングが何なのかを知らない方が多いです。
 
コーチという存在が当たり前になるのが僕の理想です。
 
 
スポーツの世界ではコーチの存在は当たり前ですよね。
 
 
テニスの錦織選手はマイケル・チャンというコーチに出会って劇的に進化しました。
 
テニス、ゴルフ、フィギアスケートなどの個人競技には必ず個人的にコーチを雇っています。
 
日本では両親など身近な人がコーチになる例が多いですが、海外ではプロのコーチを雇う事がほとんどです。
 
団体競技では、野球でも各チームにコーチはいますし、プロ野球では投手・打撃・守備走塁それぞれにコーチがいます。
 
プロ野球選手の中には個人的にコーチを雇う人もいます。
 
シンクロでは井村雅代コーチによって日本は復活しました。
 
一流のスポーツ選手の陰には、一流のコーチがいます。
 
 
スポーツ選手がコーチを必要としている理由は、
 
「客観視」
 
「精神的支柱」
 
この2つが主な理由だと思います。
 
 
練習や試合を含めて常に選手を客観視し、ベストの状態を引き出す。
 
それに付随して、選手にとって精神的な安定をもたらしてくれる存在。
 
例え選手自身が超一流プレーヤーであっても、この2つに関しては自分自身でコントロールする事は難しいでしょう。
 
だからスポーツ選手にはコーチという存在が必要なのです。
 
 
では、実生活ではどうでしょうか?
 
例えば、経営者の方にコーチが付いているという割合はかなり低いでしょう。
 
どちらかと言えばコンサルタントの割合が多いと思います。
 
個人事業主にコーチが付いている割合はもっと低いでしょう。
 
事業主でもない個人ともなれば、コーチの存在など必要ないと思われているかもしれません。
 
 
スポーツ選手は「客観視」と「精神的支柱」が必要ですが、実生活には不要でしょうか?
 
そんな事ありません。
 
 
経営者は組織のトップとして、様々な選択に迫られます。
 
個人事業主一人親方として、事業の方向性や自分自身の在り方について考える必要があります。
 
事業主ではない個人でも、仕事や人間関係、自分の将来について決断と行動を起こす必要があります。
 
 
計画、選択、決断、行動…
 
日常生活の中にも「客観視」と「精神的支柱」は確実に必要なのです。
 
先日のブログにも書いたように、これからは組織の中にいても個人の能力が問われる時代になります。
 
そんな時代だからこそ、プロとして個人にコーチが必要なのです。
 
 
そう訴えると、こう言われる事があります。
 
「家族や友人がコーチのような存在になっているから充分だ」
 
もちろん家族や友人が支えになる事は大切な事です。
 
むしろそういう存在を大事にしてください。
 
ただ、コーチとはあなた自身だけでなく、家族や友人や職場などの周りの環境を全て含めてあなたのベストを引き出す存在です。
 
家族や友人ではない他人だからこそ、コーチとしての価値が生まれます。
 
 
 
「コーチのフィードバックで成長している」
 
と言っています。
 
 
 
「コーチの問いかけが問題へのアプローチに繋がっている」
 
と言っています。
 
 
大それた目的じゃなくていいんです。
 
人生を少しでもよくしたい、それだけでいいんです。
 
 
僕自身もコーチの存在によって迷いや悩みから抜け、常に自分のベストを維持できるようになりました。
 
迷えばコーチがいる、という精神的支柱にもなっています。
 
 
これからの時代、個人にコーチを付けるのは主流になります。
 
と言うか、主流にならなければいけない存在だと思っています。
 
別に僕じゃなくてもいいです。
 
色んなタイプのコーチがいます。
 
王道を行くコーチングもあれば、独自のコーチングをする方もいます。
 
料金や内容は人によって大きく変わります。
 
その中から「自分はこの人だ!」という人を見つけて欲しいのです。
 
そして、自分のコーチと二人三脚で充実した人生を歩んで欲しいのです。
 
 
コーチングのmake senseホームページ↓
 
LINE相談無料受付中! 
友達追加してメッセージをお送りください