make sense コーチング

あなたの人生に専属コーチを…

思考回路を変えよう②

 

昨日のブログで、思考回路を変えるという話をしました。

 

外部からの刺激が入口となり、脳が思考した結果が、行動や発言として表に出て行くという事です。

 

では、思考の癖を変えるにはどうしたらいいのでしょう。

 

 

一番簡単なのは、言葉を変えるという事です。

 

つまり出口を強引に変えてしまう事で、思考の癖を矯正してしまおうという事です。

 

 

例えばこんな事を言われたとします。

 

「お前はダメな奴だ」

 

これは外部の刺激であり入口です。

 

この刺激をきっかけにあなたの脳が思考を始めます。

 

今まで失敗した事やダメだった自分を思い出します。

 

そして口に出る言葉は「どうせ自分はダメなんだ…」

 

どうせダメだという思考回路だから、身体までダメだという動きになるんです。

 

身体の動きも脳からの信号なので当然です。

 

こうやって「出来ない自分」を作り上げていくのです。

 

 

では言葉を変えるとはどういう事か?

 

「できる!」と言い続ければいいだけです。

 

言葉は出口なので「できる!」という出口を先に作ればいいのです。

 

 

「お前はダメな奴だ」

 

そう言われても「でも、できる!」と言葉にすればいいのです。

 

例えそこでネガティブな感情が生まれても、最後は「できる」に辿り着くように思考回路を矯正していけばいいのです。

 

嘘でもハッタリでもいいです。

 

言葉で「できる」と言い続ければ、ネガティブな事もマイナスの感情も「できる」方向へ持って行くように脳が働き出すのです。

 

それが、思考回路を変える一番の方法です。

 

 

思考回路は迷路です。

 

出口まで辿り着くまでに「マイナス感情ルート」と「プラス感情ルート」があります。

 

いつも「マイナス感情ルート」を通って出口まで行く人は、そっちのルートしか通れないようになります。

 

だから強制的にマイナス感情ルートの出口を封鎖して、プラス感情ルートの出口からしか出られないようにすればいいのです。

 

 

これは、「できるできない」だけの話ではありません。

 

こうなりたい、ああなりたい、こういう目標を達成したい…

 

なんでも同じです。

 

自分はこうなる!という事を信じて言葉にすれば、脳がそういう選択をするような思考になるのです。

 

 

まずは言葉を変えてみてください。

 

必ずあなたの中で何かが起こります。

 

 

コーチングのmake senseホームページ↓

http://kyoheyyyy.wix.com/make-sense

 

 LINE相談無料受付中!

友達追加してメッセージをお送りください

http://line.me/ti/p/%40bsb6486i