make sense コーチング

あなたの人生に専属コーチを…

値段のつけ方


ここ最近、コーチングの依頼が増えてきました。

ありがとうございます!


僕のお客さんで起業したいという方が増えてきました。

その時に料金設定で悩む事が多いようです。


僕もコーチングをやろうと決めた時、まず料金設定をどうするか考えました。

他のコーチの方はどんな料金プランでやってるのか調べたり、他の業種を参考にしてみたり…ずいぶん悩みました。

結果的には相場もなにも無視して、今の料金でさせて頂いています。


もちろん、安すぎると言われたり高すぎると言われたり…人によって価値が変わるので色々と意見を頂きます。


僕は決して高すぎるとは思いません。


今の料金で目標にしている人数があります。

その人数に達したら更に料金を上げていく予定です。

「結局のところ金儲けか!」

とも言われたりしますが、値段は上げていきます。

値段を上げたら当然払えない人は僕のコーチングを受ける事はできません。

でも値段は上げます。

なぜか?

僕は自分に投資する事を惜しまない人間に命をかけたいと思っているからです。

コーチングは僕の命をかけてやっている仕事です。

色んなリスクを取って、多くの時間を削って命がけでコーチングをしています。

だからこそ、自分の人生に命をかける人をサポートしたいと思っています。


自分の人生や未来に投資できる人たちの応援をしたい。

そして自分もお客さんもレベルを上げて、辿り着きたい未来があります。

払えない人はダメだと言っている訳ではありません。

僕はコーチングをライフワークだと思ってやっています。

つまり会う人みんなにコーチングをしています。

いつでもどこでも。

それだけで満足して頂けることもあります。

ただ、そこから更に突き抜けた成功を掴もうとする人にだけ対価を頂いて一対一で僕の全てのチカラを使おうと思っています。

そして絶対に目標を達成させます。

僕に投資した金額以上の価値を絶対に与えます。

その未来に対する投資を惜しまない人を相手に仕事をしたいと思っています。


だから自分の価値に対して自分で値段を付けます。

自分の価値が上がったらその分値段を上げます。

だから値段以上の価値があるコーチングを提供する必要があります。

そうやって自分自身もお客さんもレベルを上げて行きます。

その先には僕の理想の未来があります。


誰を相手に仕事をしたいのか

その仕事でどこに行きたいのか

自分の仕事の値段はいくらか



起業家は勇気を出して自分が提供するサービスに値段を付けて市場に出す必要があります。

相場は関係ないです。

自分自身に値段を付けて市場に出す勇気です。

勇気を持って値段をつけましょう。

安くするのも勇気、高くするのも勇気です。



コーチングのmake senseホームページ↓ 

LINE相談無料受付中! 
友達追加してメッセージをお送りください