make sense コーチング

あなたの人生に専属コーチを…

圧倒的なショック

 

僕がコーチングに興味を持ったきっかけは「この人みたいな人間になりたい」と本気で思うコーチに出会ったからです。

 

1年半ほど前にFacebookでその方の講演会がある事を知り、どんな人かも何の人かも分からずにチケットを購入しました。

 

僕はその頃、銀行を辞めて何をしようか企んでいる時期で、熱くなれる事がなくて迷っていました。

 

その方の講演会も、いろんなセミナーに参加してみようと思ったから申し込んでみただけでした。

 

講演会は圧倒的でした。

 

僕は何もやりたい事がなかったクセにこう思いました。

 

「俺がやりたいことを先にやってる人がいた…!」

 

やりたい事は分かってないのに、やられたと思いました。

 

楽しかったーとか勉強になったーとかじゃないんです。

 

悔しさだったり圧倒的な差だったり…とにかくショックでした。

 

僕はその後しばらくショックの中で過ごしました。

 

 

後日、その方の少人数制のセミナーが大分であると聞いた僕はすぐに参加の申し込みをしました。

 

そのセミナーでも圧倒的でした。

 

始めて「本物の成功者」と触れ合った気がして興奮が収まりませんでした。

 

そしてそこから一気にモチベーションが上がった僕は、やりたい事を見つける為に本気で行動を始めました。

 

その人のコーチングを受ける為に、何万円もかけて毎月県外まで通いました。

 

赤字でも、何かの支払いをとりあえず遅らせてその人の元へ通いました。

 

払ったお金以上の何かを掴んでやろうと必死でした。

 

 

でもこの時点で僕の中に「コーチング」という選択肢はありませんでした。

 

なぜなら僕はひねくれ者だったからです。

 

「この人と同じことして成功しても意味がない!」

 

などと生意気な事を考えていました。

 

そうして銀行を退職した後も、やりたい事もなんとなく分からないままとりあえずの仕事をこなす日々でした。

 

その間に僕の人生の暗黒期に突入します。

 

完全にダークサイドに落ちました。

 

そして昨年末、このまま終わってたまるかとの思いでその方のコーチングを受けに行きました。

 

そこで始めて自分の気持ちに素直になりました。

 

始めて会った時の圧倒的な存在感。

 

僕はどこかで自信がなくて逃げているだけでした。

 

その時その方に、講演会の時に受けたショックについて話しました。

 

そして僕はこう宣言しました。

 

「あの時受けたショックを素直に受け入れます。

いきなりかっこよく出来なくても上手くいかなくてもいいです。

人にモノマネとか二番煎じとか言われてもいいです。

あなたの真似と言われてもいいからコーチングをやります。」

 

そして勝手に弟子入りしました。弟子とは思ってないでしょうが…。

 

師匠とは呼びませんが、勝手に師匠と思っています。

 

そしてその方のDVDを車の中でもどこでも見ながら、1人で話し方や言い回しをひたすら勉強しました。

 

もう丸暗記してます。

 

ちなみに、宣言した次の日に開業届を提出しました。

 

 

こうして僕はコーチングを極めるべく飛び出しました。

 

 

このブログで何が言いたいか…

 

「答えはあなたの中に既にある」

 

という事です。

 

僕が最初に受けたショックは、あくまで「僕の中にある答え」を引き出すきっかけにすぎなかったのです。

 

あなたの中にある答えにはすぐに辿り着かないかもしれません。

 

でも答えを引き出すきっかけをどれだけ増やすか。

 

つまり、今までの自分では体験した事のないショックを自ら求めていけるかどうかです。

 

大事なのは外に答えを求める事ではなく、自分の中にある答えをどうやって引き出すか。

 

そして出てきた答えをどう活かすかです。

 

自分と向き合いながら、非日常に飛び込みましょう。

 

あなたの中の可能性を一気に爆発させましょう。

 

 

コーチングのmake senseホームページ↓

http://kyoheyyyy.wix.com/make-sense

 

 LINE相談無料受付中!

友達追加してメッセージをお送りください

http://line.me/ti/p/%40bsb6486i