make sense コーチング

あなたの人生に専属コーチを…

メンターが必要

 

 
先日、テニスの錦織圭くんの試合を観戦しました。
 
惜しくも準優勝でしたが、同級生が世界で戦うのはものすごく刺激があります。
 
興味がありすぎて、錦織くんに関する本を何冊か買って読み漁ってみました。
 
 
ご存知だと思いますが、錦織くんはマイケル・チャンというコーチと出会った事で劇的に進化しました。
 
チャンと出会う前までの彼は世界ランク11位から20位を行ったり来たりで、10位の壁を破れずにいました。
 
 
2人の出会いは東日本大震災のチャリティーマッチでした。
 
その時の対談で、彼はBIG4であるフェデラーに完敗した試合を振り返り「自分を見失った」とチャンに相談しました。
 
するとチャンは、
 
「あの試合であなたはひとつの誤ちを犯した。
 
あなたは試合前に『尊敬するフェデラーと試合できてワクワクする』と言った。
 
コートに立ったら、お前は邪魔な存在なんだ!と言い切る決意が必要だ。
 
優勝するのはお前じゃない、俺なんだ!という気持ちでなければ勝てない。
 
それがあなたの誤ちだ。」
 
と一刀両断します。
 
 
成長する為には何かを変えなければいけない、と思っていた彼はチャンに正式にコーチを依頼します。
 
 
そして、わずか数ヶ月後に世界ランク1位のジョコビッチに勝利するまでに至りました。
 
 
テニスの技術だけではなく、メンタルまでも強靭になりました。
 
それは彼の発言の変化を見れば、以前とは全く違う事から分かります。
 
 
人は、ほんの少しのきっかけで急激に変化します。
 
それは良い意味でも悪い意味でも、です。
 
テニスのトッププロの話は遠い事のように思えますが、ステージが違うだけであなたにとっても同じ事なのです。
 
 
人には気付きを与えてくれるメンターの存在が必要です。
 
錦織くんにとってのマイケル・チャン
 
僕にとってのコーチングの師匠です。
 
「この人の一言に衝撃を受けた!」という気付きを与えてくれる存在です。
 
あなたにメンターと呼べる存在はいますか?
 
メンターの存在によって人生に大きな変化が生まれるでしょう。
 
 
 
 
コーチングについて相談したい方はこちらから
Mail kyoheyyyy@gmail.com  
 
コーチングのmake senseホームページ