読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

make sense コーチング&コンサルティング

プロコーチ平松恭兵のブログ

リーダーの器

人生再生請負人、プロコーチ平松恭兵です!

今日は初の県外でのコーチングという事で、いつも以上に気合い入れていきました(^^)

大成功に終わったので、この勢いで九州全県獲ります〜!


初回コーチング5,400円は明日の受付までとなっています。

あさって以降の受付は10,800円となりますので、検討中の方は明日までにご連絡ください(^^)

セミナー参加者も募集中です!
https://www.facebook.com/events/812720828827694/?ti=icl

--------------------

結果を残すリーダーに共通する事があります…

「答えを与えずに見つけさせる」という事です。


ああしろ、こうしろ…言えばその通り動くかもしれませんが、これでは部下や組織は育ちません。


時間はかかっても、答えを見つけさせる…

考えさせる事で組織はレベルアップします。


ラグビー日本代表は2015年ワールドカップの南アフリカ戦で、大接戦となりました。

最後のワンプレーで、確率の高いキックを決めて同点を狙うか、確率が低くいトライを取りにいって逆転を狙うか…

究極の選択に迫られました。


その時、ヘッドコーチであるエディージョーンズは「キックを決めて同点を狙え」と指示しました。

しかし選手の中からこんな声が出ました。

「同点じゃ歴史は変わらない」

日本代表は「勝って歴史を変える」という目標のもと、4年間世界一キツイと言われる練習をしてきていました。

その目標を達成させる為に、エディージョーンズの指示を無視して確率の低いトライでの逆転を狙ったのです。


結果は、見事に逆転トライを決めてラグビーの歴史を変える結果を残しました。


エディージョーンズは4年間、日本代表に「自立」を促していました。

「どんな指示を出しても、グラウンドに立つ選手しか勝利を掴めない」

だからこそ、グラウンド上で選手が自立して戦えるマインドセットを徹底して叩き込みました。


南アフリカ戦最後のワンプレーで見せた逆転劇は、まさにグラウンド上の選手が自立して勝ち取った勝利なのです。


スポーツだけでなくビジネスでも、組織を作るという事は「自立したプロフェッショナルをどれだけ多く育てられるか」という事です。


上から下に指示を出して、答えや行動を与える事は簡単です。

でも、勝ち続けるには「育てる」という事が大事です。


だからこそ、優れた経営者やリーダーはコーチングを学ぶのです。


考えさせて、答えを見つけさせる。


人から与えられた答えでは、自分のものにはなりません。

考えて、失敗して、また考えて…

極限まで苦しんで出した答えだけが「自分だけの哲学」となるのです。

その哲学が、次の世代、また次の世代…という風に受け継がれて組織は強くなっていくのです。


リーダーの役目は、考えるヒントを与えて答えを引き出す事です。


与えるのではなく、引き出す。


その過程をジッと堪えてサポートできる事が「リーダーとしての器」なのです。


今日の質問はこちら!

「身近で悩んでいる人に、どうやって答えを見つけるきっかけを与えますか?」


質問の答え、コーチングの相談、ブログの感想などお待ちしております(^^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【LINE友達追加の方法】

http://line.me/ti/p/%40bsb6486i

LINE@ID : @bsb6486i

-----------------------

URL : http://kyoheyyyy.wix.com/make-sense

TEL : 080-5210-9061

MAIL : kyoheyyyy@gmail.com