make sense コーチング

あなたの人生に専属コーチを…

ブロックをかける罠

世の中には、あなたに精神的なブロックをかけるトラップがあらゆる場面に仕組まれています。


例えば「起業したい」と言う人がほぼ100%言われるであろう「人生そんなに甘くない」という言葉であったり、

「お金は汚いものだ」と言って貧困が素晴らしいと教えて、お金に対するブロックをかけたり…


僕がスポーツ界…特に野球界にコーチング理論を取り入れたい理由はそこにあります。

ブロックをかける指導法を変えていきたいんです。


こう見えて、野球界に入り込む為に色んな行動をしていました。

野球関係者に電話をさせて頂いたり、球場に行って練習を見学させて頂いたり…


お陰様で高校野球の監督と繋がる事ができ、
プロ野球を目指す選手と繋がる事ができ、
スポーツに関わる仕事をする方と繋がる事ができました。


でも、まだ何か足りないなと思っていました。

それは「少年野球」です。


ここ数ヶ月で、少年野球チームをいくつか見学させて頂きました。

どの指導者も人間的には素晴らしい方々でした。

でも野球の指導になると「子ども達の可能性を潰そうとしてるのかな?」と思う程、強制的な指導をしていました。


怒鳴る、怒鳴る、独自の技術を強制させる、できなかったらまた怒鳴る…

話を聞くと「自分達はこうやって教えられましたからね!」って自信満々なんです。

これは危険だと思いました。


子ども達は純粋なので、大人に言われた事を正しいと思って必死で頑張ります。

そして出来ない自分に自信を失って、ブロックをかけてチャレンジする事を恐れていきます。

可能性に蓋をしてしまいます。

これもトラップです。


決して指導者が悪い訳ではなく、指導者はそのやり方が正しいと信じているんです。

悪いのは文化です。

「野球の指導はこういうものだろ」

「野球は汗と涙と根性」

「野球は坊主」

という曖昧な指導方法でやっているんです。

根拠がないんです。


だからそこにコーチング理論を取り入れて、可能性を引き出す指導法を伝えていきたいんです。


僕も中学生の時にトラップにやられました。

部活の顧問の先生(野球経験そんなにない)に

「お前はメンタルが弱いな」

と言われ、その一言で中学生の繊細な心にはブロックがガッチリかかりました。

その日から野球を純粋に楽しめなくなりました。

野球を楽しみたい自分と、どうせメンタル弱いから…と楽しめない自分に苦しめられました。

今となっては、それもプラスと思えるので有難いと思っていますが…


僕はずっと野球をしてきたんで、野球というスポーツに注目してしまいますが

ビジネス、人間関係、スポーツ、リーダー育成…

コーチングはどの分野にも有効だと思っています。

どの分野にもトラップがあります。


僕はまだ大きな実績と呼べるものは無いし、知名度のある資格がある訳でもないし、有名コーチの看板を借りてやってる訳ではありません。

だから自分の力で何かを変えたいと思っても、簡単に協力者が現れる訳でもありません。


それでも少しずつ、1人ずつでも、自分の関われる範囲を広げながら…

僕はコーチとして本気で世の中を変えようと思っています。


今日の質問はこちら!

「あなたの人生で、チャレンジを恐れるブロックがかかったのはどんな出来事?」


質問の答え、コーチングの相談、ブログの感想などお待ちしております(^^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【LINE友達追加の方法】

http://line.me/ti/p/%40bsb6486i

LINE@ID : @bsb6486i

-----------------------

URL : http://kyoheyyyy.wix.com/make-sense

TEL : 080-5210-9061

MAIL : kyoheyyyy@gmail.com