読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

make sense コーチング&コンサルティング

プロコーチ平松恭兵のブログ

感情より愛情

とある会社の管理職をしている方とお話する機会がありました。


こんな事を言っていました。

「今の若い社員や部下は、何を言っても反応が無いんです」

「ナメられているような気分になって、ついガツンと言ってしまいます」


その方は、コーチングを学んで職場で活かしたいとの事でした。


僕も、学生にコーチングする時に実感します。

「反応が無いなあ〜」と。


話したり、質問したり、提案しても…

サラっと流されるような薄い反応をされる事も多くあります。


簡単に言うと、何を考えているのかよく分からないんです。


だから「ナメられている」と感じる気持ちはよく分かります。


多くの人は、そう感じた時に感情で返してしまうんです。

「ナメやがって」

「先輩に向かってなんだ」

「これだからゆとり世代は」

という気持ちになり、つい上から目線で押さえつけようとする人が多いです。


でもその行為は、自分の力量の無さを晒しているようなものです。


相手にとってそれは普通の反応なのに…

勝手に「ナメられてる」と感情的になってムキになって、怒鳴りつけて…

おサルさんじゃ無いんです。


感情に走ったところで、相手が変わる訳がありません。


自分の若い頃を引っ張り出して、それを押し付けても何も改善はしません。


だったら、今の時代に合った方法で、自分の接し方を変えるしかありません。


だからこそ、これからは「コーチングの時代」なのです。


こっちが言った事に反応しないのであれば、

こっちが反応して聞いてあげればいいのです。


こっちの荷物を相手に持たせるばかりではなく、

相手の荷物を持ってあげる…


コミュニケーションは、感情ではなく愛情で取るものです。


今日の質問はこちら!

「自分の意見をどうやって相手に伝えますか?」


質問の答え、コーチングの相談、ブログの感想などお待ちしております(^^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【LINE友達追加の方法】

http://line.me/ti/p/%40bsb6486i

LINE@ID : @bsb6486i

-----------------------

URL : http://kyoheyyyy.wix.com/make-sense

TEL : 080-5210-9061

MAIL : kyoheyyyy@gmail.com