make sense コーチング

あなたの人生に専属コーチを…

一緒の目線に立つ

僕がコーチングしている中学生から連絡があり…

「今回のテストで、成績が上がりました!」

と、最高の報告を頂きました。


最初、母親から相談を受けた時には

勉強しない、

ゲームばかりする、

学校に行きたがらない…

そんな子でした。


初めて彼に会った日、学校が楽しくなかったり、勉強が嫌な理由を話しました。


そして、それを聞いた僕は…

「勉強が嫌なら、大好きなゲームしようぜ〜」

と言って、一緒にゲームをしました(笑)


一緒にマリオカートをしたのですが、めちゃくちゃ上手いんです…

しかも、ネットから改造用のデータをダウンロードしていたり…

素人じゃないな、と思いました。


で、彼の大好きなゲームについて語り合いました。

その知識が本当に凄かったので、純粋に「すげ〜!」と言いながら聞きました。


その日はゲームしかしませんでしたが、僕は帰り際にこう言いました。


「今度一緒に勉強しよ!俺なんか全然勉強してないから教えて!」


僕は本当に数学とか苦手だったので、彼に一緒に勉強しようと提案しました。


そして、次に会った時に勉強を一緒にしました。

分からないところは一緒に考えて…

一緒に分かるようになって…

テスト前になったら、一緒にテスト範囲を勉強しました。


そして今日、テストの結果が良かったと報告を頂きました。


僕は、中学生の彼にコーチングの技術を使っているつもりはありません。


ただ、勉強や学校が嫌いな理由を知りたいから聞いて…

大好きなゲームについて語り合って…

一緒に遊んで、一緒に勉強しただけです。


何が言いたいかというと…

「同じ目線に立てば、接し方も変わる」という事です。


相手が中学生だろうが、僕よりも詳しい分野があって…

僕自身も教えてもらえる事があって…

だから純粋に彼を尊敬して、一緒の目線で考えて行動しました。


彼は、僕を友達と思っています。

目線が一緒だからです。

今では愚痴や不満をなんでも話してくれて、夢や目標も一緒に語れるような関係になりました。


「ナメられたくない」とか

「言うこと聞かせたい」とか

そんな事考えても、相手に拒否されるだけです。


もし、中学生だからと思って上から見ていたら

見えない場所に逃げ隠れされたでしょう。


同じ目線だからこそ、

どうやったら良くなるのか

一緒に考える事ができます。


人を変えるには、まず自分が同じ目線に立つ事が大事ではないでしょうか。


今日の質問はこちら!

「嫌いな人と同じ目線に立ってみたらどんな気付きがありますか?」

------------------

質問の答え、コーチングの相談、ブログの感想などお待ちしております(^^)

LINE@ID : @bsb6486i

TEL : 080-5210-9061

MAIL : ms-coaching@ezweb.ne.jp

URL : http://kyoheyyyy.wix.com/make-sense