読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

make sense コーチング

あなたの人生に専属コーチを…

指導法は変わる

最近、体罰があったというニュースをよく見かけます。


僕は大学まで野球をしていたので、周りはバリバリ体育会系でした。


小学校の頃から、スポーツの指導者といえば

「厳しい」

の一言に尽きます。


高校や大学になると、先輩もコワいし…

それが「当たり前」でした。


「言うことを聞かなければいけない」

そういう環境で過ごしてきました。


でも今思えば、くだらないなあと思います。


気に食わないと言って、手を出して…

言うことを聞けと、手を出して…

態度が悪いと、手を出して…


なんでそんな事すると思いますか?


僕は思うんです…

きっと「弱い」からです。


弱いから「自分が受け入れられてない」と感じたら、恐怖を与えて言うことを聞かせるしかないんです。


僕は大学野球で学生コーチをさせて頂いた経験があります。

「練習をさせる立場」です。

だから分かります。

練習をさせようとしているのに、真面目にしない奴がいたら腹が立ちます。


自分が受け入れられてない気持ちになって、つい厳しく抑えつけようとしてしまいます。

自分の立場や権力や面子を守る為に、言うことを聞かせたくなるんです。


結局は、自分の弱さです。


受け入れられない恥ずかしさや、

周りを動かせないイラ立ちに負けて…

自分の力を「恐怖」で教える事しかできないんです。


手は出さないにしても、

「恐怖」で人間関係を作る人はゴロゴロいます。


学校の先生、スポーツの指導者、銀行…

僕が過ごしてきた環境には必ずいました。


その人達が作るのは、

「従う人間だけを良しとする世界」です。


優しくないですよね。


お前がどれだけ優れた人間なんだ?

と、思います。


そういう人たちが、どんなに慕われているように見えても

僕は絶対に「どこかでしっぺ返しが来る」と思っています。


時代は変わっています。


従うだけで、生き抜けていた景気の良い時代は終わりました。

鈍感で、そこにしがみついている古臭い人だけが取り残されていきます。


今時「なにくそ〜!」なんか言ってやる気を出す若者はいませんよ。

だって、そんな時代に生きてないから。


時代は変わるのに、いつまでも自分に都合の良い考え方をしていても仕方ないんです。


じゃあ、どう接するのか…

ひとつ言えるのは、これからはコーチングの時代が必ず来るという事です。


今日の質問はこちら!

「言うことを聞かない相手をどうやって動かす?」


------------------

質問の答え、コーチングの相談、ブログの感想などお待ちしております(^^)

LINE@ID : @bsb6486i

TEL : 080-5210-9061

MAIL : ms-coaching@ezweb.ne.jp

URL : http://kyoheyyyy.wix.com/make-sense