読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

make sense コーチング

プロコーチ平松恭兵のブログ

物事の学び方

コーチングやりたいんですが、どうやって勉強したらいいですか?」

という質問が多いのですが…


答えを言うなら

「何でもいい」

です。


スクールに通ってもいいし

本を買って独学でもいいし

コーチングしている人に教えてもらってもいいです。


ちなみに僕は、ほぼ独学です。

師匠はいますが、コーチングの技術について教えてもらった事はほとんどありません。

じゃあどうやって技術を身に付けたかというと、

「盗んだ」というのが1番近い表現です。


コーチングを教えてもらったのではなく、

コーチングを受けながら、技術を盗みました。


自分の悩みや課題を、実際にコーチングを受けながら解決して

コーチングの本を読みながら

「あの質問はこういう意味があったんだ」

「あの言葉で核心に近付いたな」

とか、自分で研究しました。


コーチングの最中に、

「今の質問はこういう事ですか?」

と確認する事もありました。


それ受ける以外にも、色んなところにヒントは転がっています。


成功している人の考え方からヒントをもらったり…

慕われている人がどんな接し方をしているか観察したり…

見る事や聞く事はすべてコーチングに活かしてます。


結局、大事なのは

「気付く」という事です。


ヒントに気付く能力さえあれば、

物事を学ぶのに時間はかかりません。


僕は勉強ができる訳ではありません。

数字とか計算とかめっちゃ苦手です。

暗記とかも無理です。

答えが決まった問題を解く事は苦手です。


でも、気付く能力だけは優れていると思います。

何か1つ言われたら、そこから10ぐらい察します。


ブログを毎日書けるのも、

普通の人が見逃すような事を「これはヒントになる」とアンテナを張っているからです。


コーチングを学びたかったら、コーチングを学びたいというアンテナを張ってヒントに気付く

欲しいものがあったら、どうやったら手に入るかアンテナを張ってヒントに気付く

身に付けたい技術があったら、身に付く為にはどうやったらいいかというアンテナを張ってヒントに気付く


同じ勉強をしても、極意を掴める人と掴めない人に分かれます。


ケータイ電話の電波が弱いと、情報を読み込むスピードは遅くなりますよね。


それと一緒です。


知識を得たいなら、強力なアンテナを張ってヒントをキャッチするしかないのです。


------------------

Facebook : https://m.facebook.com/mscchg/

LINE@ID : @make-sense

TEL : 080-5210-9061

MAIL : ms-coaching@ezweb.ne.jp

URL : http://kyoheyyyy.wix.com/make-sense