読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

make sense コーチング

あなたの人生に専属コーチを…

まずは語ろう

今、定期的に大学生にコーチングをさせて頂いています。


中でも多いのは、就職に向けての相談です。


どんな仕事がいいのか、

何を基準に仕事を選ぶのか、

そんな事を中心にコーチングしています。


最終的には、本人が「どうしたいのか」という事を明確にする為のコーチングです。

なのでもちろん、

「どんな事がしたいの?」という質問を軸に進めていきます。


そうやってコーチングする中で、ほとんどの学生が言うセリフがあります。


「やりたい事はあるけど、自分には無理」

というセリフです。


なんで無理だと思うのか聞くと…

「頭悪いんで」

「勉強できないんで」

「今から勉強しても遅いんで」

などという理由です。


その結果、

とりあえず就職する為に、自分にできそうな仕事の中から会社を選んでいきます。


この恐ろしさ分かりますか?


これから社会に飛び出そうとしている学生までもが…

既に自分の可能性にブロックをかけているんです。


なんか、すごく寂しいですよね。


やりたい事を探してもいないのに、

やりたい事に向き合ってもいないのに…

「どうせ無理だから考えても無駄」

という発想で過ごしているんです。


そんな考えで社会に出ても、いい仕事ができるはずがないですよね。


その考え方って、結局は社会に出ている大人の姿を見てそう思い込んでいる訳です。


「夢見てもどうせ無理だよ」

そう言われて、その背中を見て、育っています。


だから、僕はあえて言います。

「できるかできないか、そんな事はどうでもいい。だからまず語ってみろ」

と。


そこからスタートです。

「こんな事やってみたいです」

「こんな風になったらいいですね」

アホらしい事でも、バカだなあと思うような事でも…

めっちゃ聞きます。


そしたらどんどん出てきます。

熱く語れる壮大な夢を秘めてるんです。


それをやるかやらないか…

やっぱり無理だと諦めるも良し。

やってみようと行動に移すも良し。

それは本人の問題です。


やるかやらないか、その判断はとりあえず置いとけばいいんじゃないでしょうか。


まず描いて、語って、自分の気持ちに気付いて…

そこから選んだ選択を全力で応援する。


そんな大人が増えて欲しいし、

その為には大人が夢を描く必要があります。


これからの世界を作っていく若者達の

大きな可能性を潰したくはないんです。


本気になれば大体の事は実現します。


自分を信じて、自分の感覚で生きたらいいんです。


可能性は広がります。


若者よ…

描け!

そして語れ!



------------------

発信元:makesense 代表 平松恭兵

LINE@ID : @make-sense

TEL : 080-5210-9061

MAIL : info@makesense.jp

URL : http://www.makesense.jp


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー