読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

make sense コーチング&コンサルティング

プロコーチ平松恭兵のブログ

3つの質問

コーチングはただ質問すればいいという訳ではありません。


コーチングは必ず「3つの質問」を通過します。


①「何について話したい?」

という課題を明確にする質問


②「結局どうなりたい?」

という目標を明確にする質問


③「どんな事からできそう?」

という行動を明確にする質問


極論を言えば、コーチングはこの3つの質問で完結します。


この3つの質問に対して、クライアントが迷いなく答える事が出来たとしたら…

コーチングはたった3つの質問で終わるのです。


問題の本質…

目標の明確化…

実際の行動…


コーチングの目的は、この3つの答えを明確にする事で

課題の解決に対して、現実的な行動を起こしていく事です。


でも実際は…

クライアント自身が「これが悩みだ」と思っている事は、氷山の一角であったりします。

色々聞いてみると、

「本当の問題は別のところにあった」

という場合がほとんどです。


「何をテーマにして話すのか」

「どういう目標を達成したいのか」

「まずできる行動は何か」

この答えを探すために、コーチは色んな角度から質問を投げかけます。


3つの質問の答えを見つける為に、質問を投げかける…

3つの質問の答えを見つける為に、素材を集める為の質問を投げかける…


コーチング中にクライアントの話を聞いていると…

つい脱線して、今話している事の場所を見失ってしまう事が多々あります。


そんな時は

原点である3つの質問を思い出して…

「今なにを明確にするべきなのか」

それを思い出しながらコーチングするといいでしょう。


3つの質問は、コーチングで結果を出す為の「枠組み」です。


やみくもなコーチングではなく、

枠組みに沿った質問を続ければ…

必ずコーチングによって結果が出ます。




------------------

発信元:makesense 代表 平松恭兵

LINE@ID : @make-sense

TEL : 080-5210-9061

MAIL : info@makesense.jp

URL : http://www.makesense.jp


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー