読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

make sense コーチング&コンサルティング

プロコーチ平松恭兵のブログ

普通じゃないこと


何事も、人に流されず自分のやり方を貫くべきだと思います。


コーチングをやっている人のほとんどは、セミナー講師だと言われています。

もちろんセミナー講師として命をかけている人もいるので、そういう方は素晴らしい事です。

セミナー講師を否定している訳ではありません。

ただ…

コーチングやってます」と言いながら、セミナー講師をやっているほとんどの人は「セミナー講師に逃げている」のです。


セミナーを開けば、多数を相手にするのでお金になり易いです。

セミナー開いてそれっぽい事を言えば、それなりに通用します。

でも、コーチングって本来は一対一でやるものだし…

コーチングを教える人が、コーチングでメシを食っていけないからセミナー講師になる…

矛盾してます。


だから、僕は「一対一のコーチング」にこだわり続けてきました。


最初は金になりません。

だからこそ、セミナー講師などに逃げる人の気持ちもよく分かります。

だって、コーチングだけじゃ本当に金にならないから。


でも、僕は貫いてきました。


金にならなくても、無料でも、とにかく一対一でコーチングをし続けました。


そして、気付けば1年間で200人に対してコーチングをしていました。


200人をコーチングするって大変なんです。

自分で200人を探して、200人の悩みを解決してあげる…

大変です。

それをやってきた訳です。


他のコーチがセミナーの準備をして集客の勉強をして…

どうやってコーチングに繋げようか考えている間…

僕は、金にならなくても一対一で人の悩みに向き合ってきました。


コーチングの実力が上がるのはどっちか一目瞭然です。


そんな事誰もやってないんです。


だから、コーチングを求めている人や企業からすれば

「平松さんのコーチングってこんなに素晴らしいんだ」

と思ってもらえます。


だって他のコーチはセミナーばかりしているから、当然です。


僕がコーチングの実力で負ける訳がないんです。

つまり、選ばれるという事です。


最初は金にならなかったコーチングも…

今は法人契約の話を次々に頂いています。


「セミナーや勉強会を開いてくれる人はいるけど、一対一でコーチングしてくれる人はいなかった」

そう言って頂けます。


「普通のコーチがやる事」に流されず…

「一対一にこだわる」自分のやり方を貫いてきたからこその結果です。


普通じゃないから、選ばれるのです。

 

f:id:kyoheyyyy:20170330233835p:image

 


------------------

【発信元】

makesense 代表 平松恭兵

LINE@ID : @make-sense

相談用TEL : 080-5210-9061

MAIL : info@makesense.jp

URL : http://www.makesense.jp


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー