読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

make sense コーチング&コンサルティング

プロコーチ平松恭兵のブログ

本当の自分

人は誰でも、二面性があります。

それは、裏とか表とか単純な話ではありません。

 

1人の自分は、素でいる時の自分です。

もう1人の自分は、周りのイメージや立場によって作られた自分です。

 

どっちが良いとか悪いとかではありません。

二面性がある事を自覚する必要があるという事です。

 

2人の自分が限りなく似ている人もいます。

その人は、誰とどんな状況でも自分でいられる事ができます。

自分でいられるからストレスもないし、常に自分をキープできる訳です。

いわゆる「自分軸」を大事に生きている人です。

 

それは、とても良い事です。

できるなら誰もが自分らしくありたいと思うでしょう。

 

ただ…

みんながみんな、そういう訳にはいきません。

 

仕事では仕事上の立場があって

自分らしさばっかり前に出せばいいという訳にはいきません。

 

時には、周りと協調しながら上手くやっていく事も必要です。

 

例えるなら「服」に似ていると思います。

 

本当は、どこにでも自分の好きな服を着て自分らしくありたいですよね。

 

でも、TPOに応じて自分の好みは押し殺して服を選ばないといけない場面もあります。

 

いつも自分の好きな服ばかり着ている訳にはいきません。

 

好きな服を着ている時を「素の自分」

好きじゃない服を着なければいけない時を「作られた自分」

とします。

 

ほとんどの人は「作られた自分」で日常を過ごしています。

こうするべきだ…

こうしないといけない…

こうあるべきだ…

自分の意志ではなく、周りとの関係性の中で「着飾っている」という状態です。

 

理想の自分を演じたり…

好きでもない服を着たり…

素の自分でいられない状態は、非常に疲れます。

 

めーっちゃキツいです。

 

だから、きちんと「素の自分」に戻れる時間を作りましょう。

 

僕がコーチングをしている時、こんな事を考えています。

「この人を裸にするぞ〜」と。

変な意味ではありません。

 

演じて、着飾って、理想の自分で在ろうとするのではなく…

そういったものを全部脱ぎ捨てて、素の自分になってほしいんです。

 

コーチングとは、まさにその作業です。

 

いつも着ている服をたまには脱ぎましょうよ。

そして、好きな服を着てもいいじゃないですか。

好きな服を着てテンションが上がって…

また理想の自分を演じてがんばればいいんです。

 

作られた自分だけじゃ疲れるし…

素の自分だけじゃ仕事なんかやっていけない…

 

だからバランスよくいきましょう。

 

どっちも本当の自分です。

 

どっちの自分も大切にして、向き合っていければきっと色んな事が楽になると思いますよ。

 

f:id:kyoheyyyy:20170418220720p:image

 


------------------

【発信元】

makesense 代表 平松恭兵

LINE@ID : @make-sense

相談用TEL : 080-5210-9061

MAIL : info@makesense.jp

URL : http://www.makesense.jp


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー