make sense コーチング

あなたの人生に専属コーチを…

専属コーチがつくという事

僕のコーチングは、セミナーや集合研修で「不特定多数に何かを伝える」という事はしません。

依頼があれば分かりませんが、これからも自らやる予定はありません。


「1対1」で、目の前の相手それぞれにコーチングをしていきたいと思っています。


それはなぜかというと

「個人の専属コーチ」というスタンスが、僕のやりたいコーチングだからです。


「個人に専属コーチがつく」という事は、イメージしづらいかもしれません。

でも、それが「本来のコーチングの形」であり…

「王道のコーチング」あると思っています。



例えば、コーチがいる経営者の方は…

社員には言えない想い…

社員には出せない感情…

社員には相談できない悩み…

社員には開かせない展望…



例えば、コーチがいるサラリーマンの方は…

社内では相談できない悩み…

社内では誰にも言えない愚痴…

社内では否定される夢や願望…


そういったものを専属コーチに話す事で、整理したり、解消したり、目標に向かって一歩踏み出していく。


僕と専属コーチ契約をしている方は

「誰にでも簡単に言えない胸の内」を、僕と共有しながら意思決定していきます。


人は常に孤独です。


孤独だから、周りの意見や雰囲気に流されて…

気付いたら問題の中にいたり

環境から抜け出せない状況になってしまいます。


そうなる前や、そうなった時に

「自分のコーチがいる」というのは、とても心強いものです。



スポーツ選手には必ずコーチがいます。

それは、今より少しでも良い状態を作るために

「自分にはない視点から気付きを与えてもらう必要性」があるからです。


スポーツ選手じゃなくても「今よりも良い状態」を作りたいのは当然です。


自分に、自分のための専属コーチがいる。


不特定多数の人に自分の考えを伝えるよりも…

一人の人生に寄り添うコーチになりたい。


地道ですが、それが本来のコーチングの在り方だと思います。


自分に「専属コーチがいる」

その感覚を体感してみてください。


きっと今よりは何かが良い方向にいきますよ。


f:id:kyoheyyyy:20170520183320p:plain


------------------


【発信元】

makesense 代表 平松恭兵

LINE@ID : @make-sense

相談用TEL : 080-5210-9061

MAIL : info@makesense.jp

URL : http://www.makesense.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー